第1種漁港の規模で全国一の登栄床漁港(湧別町)

 漁港の区分は、その利用範囲により分かれていますが、地元の漁業を中心に利用されている『第1種漁港』として、湧別町にある登栄床漁港の規模は全国一です。昭和20年に北海道が着手し約13億円の事業費をかけたこの港は、昭和55年10月に完成しました。
    水域面積    93,000u
    敷地面積    98,000u
    防波堤の長さ   520m
    道路延長     1475m