湖沼の漁業生産全道一(佐呂間町)

 オホーツク海と一条の砂丘で隔たる北海道最大の湖”サロマ湖”は、その広大な水面の下に、また豊かな水産資源を秘めています。現在、養殖なども盛んに行われていて、湖沼の漁業生産量は全道一になっています。特にホタテ、カキ、エビが有名です。
 なお、全道で2番目の記録も網走支庁管内の能取湖となっています。