オホーツク観光連盟の歩み

 観光連盟組織は、当時の各支庁(14支庁)ごとに社団法人北海道観光連盟(現・北海道観光振興機構)の支部として設置されたのが始まりで、エリア市町村の観光協会が中心会員となって組織されています。初期のころは支庁長(現・総合振興局長)が会長となっていたことから、各地とも事務局は支庁の商工労働課に置いていました。
  網走支庁管内観光連盟は、1971年(昭和46年)6月、道内でいち早く社団法人北海道観光連盟網走支部から独立し、創立後はリーフレットやポスターの作成や広域イベントの誕生に関わるなど、オホーツク圏域の観光振興に精力的に取り組んできています。
 平成17年4月には、それまでの「網走支庁管内観光連盟」から「オホーツク圏観光連盟」へと名称変更をし、オホーツク圏域を面としてPRすることに努めてきました。
  このコーナーでは2001年度に発刊した「網走支庁管内観光連盟創立30周年記念誌」をもとに、一部最近のデータも追加して紹介をします。観光に携わった先輩たちが、知恵を出し、力を合せ、どのようにオホーツク圏域の観光発展の礎を築いてこられたのか、過去の記録を読み返すことで改めて学ぶことも多いと思います。
 尚、2012年4月1日、「オホーツク圏観光連盟」から「オホーツク観光連盟」に名称を変更しています。

年  表
 2001年〜2010
2011〜2020

★積極的に推進!広域型イベントの創出と支援
★全国各地の観光物産展でオホーツクをPR
★新時代を迎えたオホーツクの流氷観光
★国際観光に向けた実績づくり
★インターナショナル・オホーツクサイクリング
★でっかいどうオホーツクマーチ
★湧別原野オホーツク100kmクロスカントリースキー大会
★「オホーツクの自然と文化を語る知床観光フォーラム」
★オホーツクフィッシングin湧別川
★オホーツク周遊200キロ「花回遊」
《 オホーツク周遊200キロ(中部圏)推進協議会》

★女満別空港・オホーツク紋別空港
★森林浴・歩くスキーと語る夕べ
★オホーツクニューフロンティア・フェスティバル
★オホーツクフェア
★ミス・オホーツク
★オホーツク圏観光振興セミナー
★オホーツク圏観光懇談会
★ウエルカム・オホーツク観光事業キャンペーン
★観光客への牛乳無料サービス事業
★国際化時代へ!台湾・台北、香港・深州、ハワイチャーター便運航に参加
★北海道エアシステム女満別⇔函館便就航「函館キャンペーン」
★冬のオホーツク圏レジャー記者研修会
★オホーツク流氷祈願祭




網走支庁管内観光連盟創立30周年記念誌
(2001年度作成)