おしゃれ感あふれる農業の町(訓子府町)
 訓子府町はあまり観光面では知られていませんが、北海道の農業の縮図と称されるまでに様々な農業を展開、農業関連研究施設も集積、農業資源には事欠かない町です。
  丘一面の田園景観はオホーツクでも屈指の美しさを誇り、訓子府メロンはオホーツクのメロンとして知る人ぞ知るオホーツクの特産品です。
北海道立北見農業試験場の白樺トンネル
 北見農業試験場は、道立農試の中で、主にオホーツク圏を担当し、麦類、馬鈴しょなどの畑作研究を重点に、牧草、園芸、豆類、てん菜などに関する試験研究を実施しているところです。 この白樺林は入り口の門を50mほど入った右側の一角にありますが、その高さ、密度ともに見事なもので、まさに白樺トンネルです。
 訓子府町の中心街は、道路の拡幅工事に合わせ再開発されていて、おしゃれな店が並んでいます。また、隣町の置戸町とともにガーデニングが盛んで、美しい花々がお店や街の景観を一層美しく引き立てています。

(旧ふるさと銀河線の訓子府駅)

(中心街のシンボル・ポケトパーク)

(石造りの倉庫がレトロです)
街が一望できる公園が「レクリエ-ション公園」。春は一面シバザクラに覆われる名所でもあります。