ニュース News

オホーツク唯一の村・夢の国「西興部村」

峠からの眺望


森の中のホテル「森夢(リム)」
 網走支庁管内では唯一の「村」がここ西興部村。紋別市から内陸に約40分走ると突然、山々に囲まれた夢の国が現れる。村内の主な建物はシンボルカラーのオレンジ色に統一され、遠目からでもはっきりとわかる。
 西興部村は酪農と木材のまち。
 天塩岳道立公園のウエンシリ岳を始め、それに連なる山々の豊かな森林資源を活用した野外遊戯施設の整備や木材の加工をすすめている。
 村営の施設には森の美術館「木夢(こむ)」や森の中のホテル「森夢(リム)」、マルチメディア館「IT夢(アトム)」、道の駅「花夢(かむ)」など、「夢」がつけられ、夢を大切にする村のメッセージが感じられる。
 また、西興部村長が考案した、村自慢のラーメンやカレーなどもあり、小さくともきらりと光る個性的なまちだ。
 


村長ラーメン

森の美術館「木夢(こむ)」の玄関前


森の美術館「木夢(こむ)」の内部

Copyright © 2005 Okhotsk-Ken Kankou Renmei All rights Reserved.