おんねゆ温泉「山の水族館」
-2012年 7月7日オープン!
 7月7日、おんねゆ温泉に「山の水族館」がオープンしまた。この水族館は次のような特色があり、注目されること間違いなしです。
 @世界初の水槽(川が凍る水槽)…屋外に水槽を設置する事で、冬季間の自然の寒さで水の表面が凍りつきますが、凍った水面下の魚を観察できる水槽です。(もちろん、夏季は普通の水槽ですが・・・)
 A日本初の水槽(滝つぼの下から観察する水槽)…半トンネル状の水槽で、上から水を流して滝つぼをつくり、その滝つぼ下の魚の動きを観察する水槽です。
 B北海道内初の水槽(魚のジャンプ水槽)…魚は滝が有ると上に向かう習性を観察できる水槽で、水位を3段階に分けることにより魚が上の水位を目指してジャンプ移動するのが観察できます。日本では昨年秋に江ノ島水族館で採用されたため、国内初ではありませんが間違いなく道内では初めての水槽です。
 他にも、大きな万華鏡に金魚を入れた水槽や、自然の巨大イトウの水槽、ドクターフィッシュが入った足湯など、見所沢山です。
  オホーツクわくわくスタンプラリー参加施設にもなっているので一度は行ってみましょう!